本記事はアフィリエイト広告を利用しています
【赤ちゃんの肌の常在菌に着目した多機能乳液!】KINSの「KINS MILK」をレビュー!

はじめに

KINSから2023年9月に「KINS MILK」が登場!

赤ちゃんの肌に着目した発想で、美肌菌の環境をととのえるための「発酵液」や、乱れた角層を整えるための「疑似セラミド」と 「3 つのヒト型セラミド」などを配合し、触るたびに嬉しいふかふか肌へ導いてくれるアイテムとのこと。

口コミを見ると、使用感もよくKINSの中でも大人気のアイテムのようです!

今回は、KINSの「KINS MILK」を使ってみたので、使用感などをまとめました。

KINS KINS MILK

パッケージは、KINSのイメージカラーであるヌードカラー。

ベビーピンクがとてもかわいらしいですよね♪

今回は、アマゾンの公式ショップから購入しました。

箱に入った状態で、プラスチックの包装などはありませんでした。

箱にはシールが貼ってあり、未開封のものであることが分かります。

箱から取り出してみると・・・

箱から取り出してみると、シンプルなパッケージの「KINS MILK」が入っていました。

チューブのパッケージカラーはホワイトになり、かわいらしいイメージから清潔感のあるイメージに♪

フタを開けてみると、口先が細いタイプのチューブとなっています。

乳液の量を調節しやすそうですよね♪

KINSの「KINS MILK」の使用感

チューブから出した瞬間は、「固めの乳液かな?」と思いましたが、手のひらでのばしてみるとスルスルっとなめらかにのびていき、肌なじみもよかったです。

また、香りも無香料なので毎日使いやすそうなアイテムです。

KINSの「KINS MILK」を2週間使ってみた!

KINSの「KINS MILK」を朝と夜、2週間使ってみました。

のびがよく、べたつかないので朝のメイク時にもファンデーションがよれることなく使うことができました。

また、朝「KINS MILK」を使用してから、1日中、肌の乾燥を感じることはありませんでした。

私の場合、肌に合わなかったり、保湿力が足りなかったりすると赤みや粉吹きが現れてしまいますが、お試ししていた2週間の間はそのようなことなはく、春先の乾燥から肌をしっかり守ってくれたようです。

「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」との比較

普段は「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」を乳液として使用しています。

「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」は、8種類のうるおいアミノ酸やセラミドなどの保湿成分が配合されている保湿力の高い乳液です。

テクスチャーは、サラッとしていてとてもぬりやすく、べたつかないのが特徴となっています。

KINSの「KINS MILK」も、保湿力が高く、べたつかない乳液なので「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」と同様に使いやすいアイテムでした。

「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」との違いは、塗った後の膜感です。

「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」は塗った後、肌になじんでいくのに対し、KINSの「KINS MILK」は肌の凹凸をなくしてくれるような膜感を感じることができました。

メイク前に使用するなら、KINSの「KINS MILK」の方が使いやすいアイテムと言えるでしょう。

KINSの「KINS MILK」はどこで買える?

KINSの公式サイトでは、「KINS MILK」は通常価格3,480円(税込)で販売されています。

今回はアマゾンで、送料込みの3,480円(税込、送料込み)で購入しました。

KINSの公式サイトから購入する場合は、本体価格+送料400円がかかるようです。

楽天市場でも、KINSの公式ショップがあり、送料無料で公式サイトと同じ値段で販売されています。

また、楽天市場では単品購入の他に「2本セット」と「3本セット」のまとめ買いすることができます。

1本あたりのお値段が安くなるのでリピート購入したい方は、お得にゲットすることができますよ♪

まとめ

KINSの「KINS MILK」を試してみました。

赤ちゃんの肌から発想を得た美肌菌に着目したアイテム。

保湿力も高く、塗った後のなめらかな感触が心地よい乳液となっています。

肌が揺らぎやすい方や乾燥が気になる方におすすめのアイテムと言えそうです。

もしまだ使っていないという方は是非一度チェックしてみてください。

KINS KINS MILK

パッケージ
香り
テクスチャー
実感力
コスパ

総合評価

少量でものびがよく、肌のうるおいをしっかりガード♪
ライン使いすることで、より肌のうるおいを感じることができそう。

3.8
ブランド名KINS
商品名KINS MILK
内容量30 g
こんなお肌におススメ乾燥
利用の目安約30日間
標準価格
(税込)
3,480 円(日当り単価:116 円/日)
販売会社株式会社 KINS


おすすめの記事
キャビアドットブースター
美容液
キャビアドットブースター

4,400 円(88 円/日)

DEWの「キャビアドットブースター」は美容液です。うるおい成分を閉じ込めたキャビアのようなカプセルが弾け、肌全体にうるおいを満遍なく届けて「ハリ密肌」に導く美滴導入美容液です。キャビア状のカプセルにヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり内包したアイテム。肌のうるおいをもっと高めたい方、肌調子を整えたい方におすすめです♪

リニュー ムース ウォッシュ
洗顔
リニュー ムース ウォッシュ

3,630 円(81 円/日)

ソフィーナiPの「リニュー ムース ウォッシュ」は洗顔です。100%炭酸ガスの噴射剤が生み出す濃密な泡炭酸が肌にぴったりと密着し、くすみが残って暗く見えがちな肌を、明るく透明感のある印象へと変えてくれます。洗顔後も、保湿成分が長く肌へとどまってくれる「モイストキープ処方」を採用。なめらかな洗い上がりで、しっとりした質感を保ってくれます♪

YHフェイシャルソープ
洗顔
YHフェイシャルソープ

3,520 円(70 円/日)

YH化粧品の「YHフェイシャルソープ」は洗顔です。毛穴の奥の汚れまですっきりと落としますが、必要な皮脂は残しますので洗い上りはつっぱりません。ニキビやアトピーなどの肌トラブルに悩む人でも安心して使用できる低刺激敏感肌用洗顔石鹸です。泡立ちの良さも持続しますので、最後の最後までクリーミーな泡で洗顔できますよ♪

ジェニフィック アドバンスト N
美容液
ジェニフィック アドバンスト N

11,550 円(385 円/日)

ランコムの「ジェニフィック アドバンスト N」は美容液です。この商品はなんと、日本女性の為に開発された日本専用処方の美容液なんです!肌のバリア機能を強化して回復も促す「美肌菌」に着目して誕生したのが「ジェネフィック アドバンスト N」です。みずみずしいテクスチャーがお肌にすっと浸透して、輝きがあふれるお肌へ整えてくれますよ。

セラム ワン
美容液
セラム ワン

13,200 円(293 円/日)

エストの「セラム ワン」は美容液です。美しさを起動させる役割がある炭酸泡のセラムが、お手入れ前のお肌に潤いを浸透させ、やわらかく整えます。2019年11月に発売されたのですが、発売直後にMAQUIAの2019年下半期エイジングケア部門賞第1位にを獲得した実力コスメです。さらに医薬部外品で、肌荒れにも実感力が期待できそうです♪

高保湿化粧水 とてもしっとり
化粧水
高保湿化粧水 とてもしっとり

2,970 円(40 円/日)

ソフィーナ ボーテの「高保湿化粧水 とてもしっとり」は化粧水です。ソフィーナ ボーテの「高保湿化粧水 とてもしっとり」の特徴は、保湿力が高いのに、ベタつかず肌に馴染むので、あとに使う乳液がよりなじみやすい肌に整えてくれることです。乾燥が気になる方、ベタつかない化粧水をお探しの方におすすめのアイテムと言えそうです。

スポットクリアセラム WT
美容液
スポットクリアセラム WT

4,950 円(138 円/日)

エリクシールの「スポットクリアセラム WT」は美容液です。普通の化粧品とは違い、医薬部外品に分類される製品で、3つの有効成分が入っています。トラネキサム酸、4MSKそして純粋レチノールです。これら3つの成分を、資生堂独自の技術で医薬部外品の有効成分として組み合わせて処方しています。これは他のメーカーでは真似できない技術だそうですよ♪

イモーテル プレシューズエンリッチフェイスウォーター
化粧水
イモーテル プレシューズエンリッチフェイスウォーター

4,400 円(88 円/日)

ロクシタンの「イモーテル プレシューズエンリッチフェイスウォーター」は化粧水です。ロクシタンのイモーテル プレシューズシリーズのイモーテル(インモルテル)とは、黄色の鮮やかな花びらをもつ花の名前で、枯れてもその色や形が失われないことから永久花として知られています。肌に対する再生力も高いと言われ、昔から傷の手当などにも使われてきたそうです。